skip to Main Content
未来の稼女vol.4 浅川 絵美さん

未来の稼女vol.4 浅川 絵美さん

自身のスキルとオリジナルコンテンツで稼ぐ女性「稼女(カセジョ)」を目指す「未来の稼女

ご自身のスタジオを構えて健康づくりサポートを行う 浅川絵美 さんをご紹介します。

20190211_115648516_iOS
名前

浅川 絵美

事業名・屋号 MORIE PARK
肩書 代表
事業内容 心と身体の健康づくりサポート
事業URL https://moriepark.jimdo.com/
所属 一般社団法人 体力メンテナンス協会
MORIE PARK

独立したきっかけはなんですか?

私がこの仕事と出会ったきっかけは、自身の産後の辛かった経験から産後ケアを仕事として「四国でも産後ケアを受けられるように拡めたい」という夢を持った事にありました。

1から自分で!はすごく怖くて、産後ケアをお仕事にするために、いろいろ探し回り、一般社団法人体力メンテナンス協会の養成講座を受講することを決めました。

病院でフルタイムで勤務しながら、1年間かけて資格を取るなどの準備をしました。
準備をしていたこの時間は、今までと同じ仕事をしながらも、何も出来ないと思っていた自分に無限の可能性と未来がある事を教えてくれるものでした。

益々、独立への夢や希望が増しました。

「稼女」に向けての工夫や意識していることは何ですか?

「毎日笑顔でいること」「相手の利益を考えること」「社会貢献する事」の3つをいつも大事にしています。

自分自身がいつも機嫌よく過ごすことで、家族や友人にも幸せを運び、さらには社会で役割を担っていけるようにといつも考えています。

「稼女」に向けての今後の展望をお聞かせください

昨年11月に念願だった都内に自分のスタジオを構えることが出来ました。

スタジオスタッフ4名、託児スタッフ9名が今MORIE PARKの仕事に関わってくれています。
まだまだ走り出したばかりではありますが、今後はさらにスタッフひとりひとりを大切にし、スタッフの皆様と共にお客様を心を込めてお迎えしていけるようにしていきます。

その為にも、今後は事業をさらに発展させていくべく、経営者としての勉強をしていかねばと思っています。

目指せ!野村社長!見習いたいロールモデルが近くにあり、幸せです。

Back To Top